低刺激なコスメでのパック

IPSコスメティックスを知るコスメティックスによる肌の保湿はとても重要なものです。

特に、女性は女性ホルモンのバランスが狂い始める更年期などでは
必然的に肌の質が低下してしまいます。

 

 

女性ホルモンの種類と年令による変化

 

女性ホルモンとは女性らしい身体や肌、髪の毛の潤いを守る
エストロゲンと生理や妊娠に関わるプロゲステロンの2種類があります。


女性らしさを司るエストロゲンの分泌量は20代後半から30代前半にかけてがピークです。
30歳半ばから徐々に分泌量は減り、40歳半ばから50歳代にかけて激減します。


この激減する時期が更年期と呼ばれ、イライラや動悸、ホットフラッシュといった症状に悩まされる時期です。
分泌量は年齢と共に減り続けてしまうため、増やすことは出来ません。


しかし、規則正しい生活やバランスのとれた食事、身体を温めたり動かしたりして
血行を良くするなど対策する事でコントロールしていくことは可能です。


また、大豆食品に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンと
似た働きをしてくれるため、積極的に取り入れたい成分です。


プロゲステロンは排卵後から月経までの期間分泌量が増加し、子宮内膜を整えたり
基礎体温を上昇させ妊娠しやすい身体を作ります。


妊娠すれば分泌は続き、妊娠していなければ一気に減少します。


肌質の老化を防ぐために


日々のケアとして、パックで肌の奥まで浸透させることも重要になります。

パックは通常では届かない場所までコスメティックスを浸透させるとても重要なものですが、
一歩使い方を間違えてしまうと皮膚の炎症や皮膚疾患に繋がってしまう可能性があります。

特に肌質が弱い人はこの点に注意しなければならず、肌が弱いと自覚している人は
必ず低刺激のコスメティックスを使用しましょう。

IPSエッセンスの役割

特にパックを利用すると通常より効力は強くなるので
低刺激のコスメティックスの方がバランスが取れている場合がほとんどです。

コスメティックスは肌の保湿を手軽に保つことができるとても便利な化粧品の一つですが、
使い方を間違えると深刻な皮膚病に進展してしまう事があります。

 

どんな便利な物でも使いすぎは毒になるという言葉通り、誤った使い方は悲劇を招いてしまいます。夜用美容液の効果

 

安全にコスメティックスを使いたいという方には、IPSコスメティックスをお勧めします。
IPSコスメティックスの美容液を使えば、普段のケアと同時に
パックにも代用できるため、急に肌が荒れてしまうといったトラブルを
防ぎやすくなります。


また、IPSコスメティックスの製品を購入する際には、IPSコスメティックスの
販売員と直接連絡を取る必要があります。


そのため、使い方に関して正しい説明をその都度受けることができますし、
あとから疑問に思うことがあってもすぐに対応してくれますので安心です。