肌に良い成分:コメヌカ発酵液

IPSコスメティックスを知るIPSコスメティックスで販売されている商品の代表的なものに
IPSコンディショニングバーがありますが、その中で使われて
いる成分のひとつ、コメヌカ発酵液。

米ぬかを発酵させて液体なのは間違いないですが、
それが健康とどうつながるのでしょうか。

 

IPSコスメティックスではこのコメヌカ発酵液を使った商品は他にもありますが、
IPSコンディショニングバーに使われるほど肌にいい成分なのは大体わかりますよね。

具体的な効能はと言いますと、体内の毒素の排出や便秘の解消といった現実的に起こり得る
体の問題にかかわる効果があります。

IPSコスメティックスのホームページではその説明がのっていないようですが、
そもそもコメヌカというのは米を精米するときに米からとりのぞかれる糠のことで、
これをほかの諸成分と共棲発酵させると、乳酸菌などの成分が自然に作り出され
体に良い結果をもたらすものとして使われることが多くなります。UVから守る

これはヒトの体以外にもペットなどの動物にも適用可能で、
体の中で乳酸菌がよい働きをしてくれることが各種実験で判明しています。

人によっては体質に合わない人も出るようですが極めて稀なので
よい成分であるということは覚えておきましょう。

試してみて、合う合わないで使い続けるか判断するといいでしょう。
合わないものを使い続けても意味はないですから。

お肌にとって紫外線は大敵です。紫外線から守るためにはIPSコスメティックスの
UVクリームを使うととても効果的です。

IPSコスメティックスのUVクリームにはテトラナノプラチナという成分が含まれており
これはIPSコスメティックスが独自に開発した、美肌効果のとても高い成分ということで
人気を集めています。ぜひ一度使ってみてください。

保護してくれる成分


紫外線の肌への悪影響|しみ・そばかすから老化・皮膚がんまで

女性だけでなく多くの人が、夏になると日焼け止めクリームなど紫外線対策をしています。
強すぎる紫外線は、肌の奥深くまで届いてDNAやコラーゲンを傷つけてしまいます。

その結果、老化や皮膚ガンなどを引き起こしてしまうことが懸念されているので注意が必要です。
日光の中に含まれている紫外線の多くは、上空にあるオゾン層によって吸収されます。

しかし、1985年オゾンホーム発見で本来地上に届かないはずの紫外線量が届いていることが明らかになりました。
つまり、従来は届くはずのない強い紫外線を私たちは浴びていることになります。

uvカット

しみやそばかすは、直ぐに病気や老化を引き起こすわけではありません。
とはいえ、夏場の強い日差しの中に含まれる紫外線に対しては注意が必要です。

まず、肌には日焼け止めクリームや同様の効果がある化粧品を使います。
この時注意したいのが、紫外線B波の防止効果を示すSPF値です。

SPF値が10の時は、紫外線が当たって日焼けをするまでの時間が普段の10倍になることを意味しています。
100パーセント紫外線をカットするという意味ではなく、影響が出るまでの時間が少し余裕が出ると考えましょう。

 

保湿成分について

肌に潤い保湿をすると聞くと、多くの人が化粧水や美容液を付けることを思い浮かべる
と思いますが、保湿のことを正しく理解すると今使っている化粧品や美容
アイテムの役割を知ることが出来ます。

角質層の一時的な柔軟化は、皮膚コンディショニングを整える上で欠かせない
働きです。

角質の一時的な柔軟化は最も一般的な保湿作用であり、潤いのあるモチモチと
した状態をつくります。

吸湿性を高めるので、乾燥に負けない肌を作り出すことが可能です。
重要なのは皮膚と親和性を高めることで、表面だけ潤ってもあまり意味がないです。

内部まで浸透させて親和性を高めることで本当の潤いを手に入れることが出来ます。
化粧水などに使用されることが多い植物エキスは、たくさんの有効成分を含んでいるので、
肌に対してバランスよく働きかけてくれます。

たくさんの有効成分を肌に取りいれることで皮膚の恒常性を保つことができて、潤いのある美しい肌になります。
角質における水分量も肌の透明感、潤いにおいて非常に重要な要素になります。

角質における水分量を増加させるためには外から直接補う方法と、皮膚内で水分量の増加させる物質
または関連酵素を促進する方法があります。

この二つのアプローチはどちらも重要で、両方行うことで内側からも外側からも水分量を増やすことが
可能になります。保湿において今ある水分を外に逃がさないということも重要です。

細胞同士の隙間を埋めてバリアを作り、その機能を向上させることで外部からの刺激を防ぐことが出来ます。

一度取り込んだ水分を逃がさずに水分量を高めることが出来ますし、皮膜形成を行いながら
吸湿性により蒸散した水分を肌に留める機能を向上させることも可能です。

効率よく保湿をするためには、出来るだけ肌の親水性を高めていくことが重要で、外側と内側の両方から
アプローチすることも忘れてはいけません。

さらに一度閉じ込めた潤いを逃がさないようにバリアをつくり、外部からの刺激から肌を守ることも大切です。
肌を守るということは、潤いを保持することにもつながるので、バリア機能は非常に重要や役割を担っています。

この全てのステップを理解して保湿を行うと効率よく肌に潤いを与えることが出来ます。
逆に何かが欠けている状態だと、頑張ってケアをしたり、高い美容液を使用しても思ったような効果を
得ることが出来ないという結果になります。

この基本的なステップを踏んで、正しく保湿を行えば必ず肌は改善します。

 

セラミド、アミノ酸、スクワランは保湿にどう効く?

敏感肌や乾燥肌で悩んでいる女性は非常にたくさんいて、自分では解決方法が分からないと言う意見も多いです。
敏感肌や乾燥肌の場合は、水分が失われやすく、バリアも弱い状態出ることが多いです。

まずは乾燥した肌にしっかりと水分を与えて、一度取り込んだ角層内の水分の蒸発させないように
するのが非常に大切です。

お肌の状態を整えることで、水分を保ちやすくなるので、化粧水を使ったときの効果も高くなります。

敏感肌や乾燥肌の方の場合はスキンケアを工夫する必要があります。
化粧品の種類や選び方はもちろん、保湿成分やスキンケアのポイントなども理解しておくと
自分に合うスキンケアが見つかるはずです。

スキンケアの基本は肌を清潔にして潤いを与え、紫外線から肌を守ることです。
この基本を大事にしなければいけません。

紫外線から守る

敏感肌や乾燥肌の方は、この基本の中でも潤いを与えるという部分を特に大切にするべきです。
バリアの機能が弱くなり、肌の中の水分を保持するのが難しくなると、どんどん乾燥は進んでいきます。

これを防ぐためには定期的に潤いを与えて、肌のバリア機能を活性化させることが重要です。

肌に化粧水を付けたら、すぐに乳液やクリームなど油分の入った保湿剤でふたをします。
このふたをすることで水分の蒸発を防ぐことが可能になり、保湿効果を高めることができます。

敏感肌や乾燥肌におすすめの保湿成分はセラミド、アミノ酸、スクワランなどがあります。
この3つの成分はどのように働くのか、これを知っておくとスキンケアがより楽しくなります。

セラミドは皮膚のバリア機能の重要な役割を担っています。
基本的に水に溶けにくい成分なのですが、化粧品メーカーによって化粧水に配合されていることが多いです。

この成分が配合された化粧水を使用すれば、潤いと一緒に肌のバリア機能を高めることが出来ます。
アミノ酸はたくさん種類があるのですが、保湿において活躍するのはグリシンやセリンです。

グリシンやセリンはバリア機能を向上させて、水分が外に逃げないようにサポートする働きがあります。
スクワランもバリア機能に欠かせないもので、精製度の高さが鍵を握ります。

精製度が低いと肌荒れしやすくなるので、敏感肌の場合は精製度が高いものを選んだほうが良いです。

洗顔後は潤いが逃げやすい状態なので、すぐに化粧水、美容液、乳液やクリームなどで潤いを与えて
バリアを作ることが重要です。スキンケアはスピードも大事になるということです。