IPSコスメティックスで綺麗になる方法

肌に良い成分:コメヌカ発酵液

IPSコスメティックスを知る IPSコスメティックスで販売されている商品の代表的なものに
IPSコンディショニングバーがありますが、そのなかで使われている
成分のひとつ、コメヌカ発酵液。


米ぬかを発酵させて液体なのは間違いないですが、それが健康とどうつながるのでしょうか。

 

IPSコスメティックスではこのコメヌカ発酵液を使った商品は他にもありますが、
IPSコンディショニングバーに使われるほど肌にいい成分なのは大体わかりますよね。


具体的な効能はと言いますと、体内の毒素の排出や便秘の解消といった
現実的に起こり得る体の問題にかかわる効果があります。

 

IPSコスメティックスのホームページではその説明がのっていないようですが、
そもそもコメヌカというのは米を精米するときに米からとりのぞかれる糠のことで
これをほかの諸成分と共棲発酵させると、乳酸菌などの成分が自然に作り出され
体に良い結果をもたらすものとして使われることが多くなります。UVから守る

 

これはヒトの体以外にもペットなどの動物にも適用可能で、
体の中で乳酸菌がよい働きをしてくれることが各種実験で判明しています。

 

人によっては体質に合わない人も出るようですが極めて稀なので
よい成分であるということは覚えておきましょう。

試してみて、合う合わないで使い続けるか判断するといいでしょう。
合わないものを使い続けても意味はないですから。


お肌にとって紫外線は大敵です。紫外線から守るためにはIPSコスメティックスの
UVクリームを使うととても効果的です。


IPSコスメティックスのUVクリームにはテトラナノプラチナという成分が含まれており
これはIPSコスメティックスが独自に開発した、美肌効果のとても高い成分ということで
人気を集めています。ぜひ一度使ってみてください。

保護してくれる成分


紫外線の肌への悪影響|しみ・そばかすから老化・皮膚がんまで


女性だけでなく多くの人が、夏になると日焼け止めクリームなど紫外線対策をしています。
強すぎる紫外線は、肌の奥深くまで届いてDNAやコラーゲンを傷つけてしまいます。


その結果、廊下や皮膚ガンなどを引き起こしてしまうことが懸念されているので注意が必要です。
日光の中に含まれている紫外線の多くは、上空にあるオゾン層によって吸収されます。


しかし、1985年オゾンホーム発見で本来地上に届かないはずの紫外線量が届いていることが明らかになりました。
つまり、従来は届くはずのない強い紫外線を私たちは浴びていることになります。


しみやそばかすは、直ぐに病気や廊下を引き起こすわけではありません。
とはいえ、夏場の強い日差しの中に含まれる紫外線に対しては注意が必要です。


まず、肌には日焼け止めクリームや同様の効果がある化粧品を使います。
この時注意したいのが、紫外線B波の防止効果を示すSPF値です。


SPF値が10の時は、紫外線が当たって日焼けをするまでの時間が普段の10倍になることを意味しています。
100パーセント紫外線をカットするという意味ではなく、影響が出るまでの時間が少し余裕が出ると考えましょう。