肌に良い成分:スクワラン

IPSコスメティックスを知る若々しく、潤いを保った美肌を維持するためには、洗顔選びも大切です。
メイクや肌の汚れだけでなく、古い角質や、毛穴の汚れも丁寧に
落とすことがスキンケアの基本となります。

しかし洗浄力が高すぎたり、洗いすぎると、肌が乾燥してしまいます。
肌に必要な潤い成分は保ちながら、余分なモノは洗い流すのが理想的です。

IPSコスメティックスのIPSコンディショニングバーは、保湿成分を配合
した化粧石けんです。

ホイップクリームのような、キメの細かい弾力の有る泡が作れるので、メイクや汚れはもちろん
余分な皮脂や、古い角質も泡で包み込み、優しく洗い流してくれます。

濃密な泡で、顔を包み込む様に洗顔できるので、肌にも優しいのが特徴です。アイ・ピー・エスコスメティックスのIPSエッセンスがお肌に良い理由

さらにIPSコスメティックスの洗顔石鹸には、カミツレエキスや、ローズマリーエキス、
コメヌカ発酵液、スクワランなどの保湿成分も配合しています。製品のイメージ

スキンケア商品にも使われてる保湿成分なので、潤いはキープしながら洗顔できます。
中でもスクワランは、深海ザメの肝臓から抽出した天然のオイルです。

浸透性が高く、肌に馴染みやすく、天然のクリームのように、肌に潤いを与えます。
天然の保湿成分で酸化しにくい点も魅力です。

IPSコスメティックスの洗顔石鹸は、潤いを守りながら、透明感の有る肌へと導きます。


透明感のある肌の特徴は?透き通った肌づくりのためのスキンケア術

透明感のある肌というと、「色白」というイメージを抱く方が多いかもしれません。
しかし、必ずしも色白の肌でなければ透明感が得られないというわけではありません。

実は、曖昧と思われがちなこの透明感のある肌に対してはあまり知られていませんが
2002年2月に日本化粧品工業連合会効能効果専門委員会が、「透明感とは皮膚がくもりなく
透き通ったように見える状態のこと」と定義づけています。

つまりその定義はあくまで「視覚的」なものということです。

そのため、透明感がある肌というのは、基本的に肌の角質層に届く光の比率が
多いほど良いと言われています。

透明感のある肌

そのような透き通った肌を手に入れたいという思いは誰もがもっていることでしょう。

その実現には、紫外線に対する対策や常に肌を清潔に保つなどの基本を
しっかりと守ることが重要と言われています。

難しいことを行う必要はないのです。
ただし、過度のスキンケアをしてしまうと肌荒れの原因になる点には注意が必要です。

これは、やりすぎのスキンケアは肌にとって必要な皮脂や角質まで洗い流してしまうことがあるためです。
そのようなことがないよう肌に優しいスキンケアを心掛け、更に気になる人は
合わせて乳液やクリームを使った保湿ケアを行いましょう。


綺麗な肌をつくるには

透明感のある肌ってすごく惹かれますよね。
美人の重要な要素ではないでしょうか?

肌の綺麗な人は、美への努力を怠りません。電子を発生するアニオンエア
IPSコスメティックスは、多くの人に美しくなるという喜びを知って欲しいと
いう想いから続けやすく、また快適な毎日を実現しやすいような製品開発を
心がけています。

特に注目されているのがアニオンエアという電子発生器で、これは部屋中に
大量の電子を放出することで、滝壺にいるような心地良い空間を生み出す
優れものです。

朝や夜のケアだけではなく、24時間美への追究を怠らない。
そんな毎日を実現しやすいIPSコスメティックスの製品を、一度は試しておきたいものです。

 

洗顔方法は合っていますか?拭いた後は天然保湿因子が減るので注意

口の周りやフェイスラインや顎や頬に繰り返し何度も大人ニキビができる、目元の小じわや
口元のほうれい線や頬のたるみ毛穴が際立つ、肌の凹凸がひどくてキメも粗く触ると
ザラザラしたりゴワゴワしたりする、皮脂の過剰分泌で額や鼻などのTゾーンが脂っぽく
なり化粧崩れがひどく1日に何度も化粧直しが必要になる、角質が硬くて化粧水がなかなか
浸透しないなどの肌トラブルに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

それは、潤い不足が原因である可能性が高いです。

肌の潤いが不足すると角質のバリア機能が低下し、ターンオーバーが乱れて肌細胞の再生が
スムーズに行われなくなります。

それが、大人ニキビやシワや毛穴の開きやキメの粗さなどの肌トラブルに直結するという
メカニズムです。

乾燥肌の人や敏感肌の人や混合肌の人が陥りやい問題で、全ての原因が肌の乾燥にあると
言っても過言ではありません。

加齢やストレスや不摂生な生活習慣や栄養不足や紫外線やホルモンバランスの乱れなど、
肌の潤いが不足して角質のバリア機能が低下する原因には様々なものがありますが、
誤った方法による洗顔もその一つです。

洗顔

洗顔はスキンケアの基本であり、メイク汚れや皮脂汚れを落としたり古い角質を除去したり
ニキビの原因となるアクネ菌の増殖を抑えたりなど、様々な役割を担っています。

正しい洗顔方法を身につけることが、美肌作りの第一歩です。

洗顔において意識すべきこととしては、スポンジやネットでしっかりと泡立てて
泡の弾力を活かすようにして優しく洗い上げる、ぬるま湯を使用してすすぎを
徹底し顔に泡が残らないようにする、洗顔後は清潔なタオルで優しく水分を
オフするなどがあります。

泡立てずにゴシゴシ擦るようにして洗ったり、不衛生なタオルで強めに水分を拭き取ったり
すると、それが外部刺激となり健やかな美肌を維持するのに欠かせない天然保湿因子や
セラミドが失われてしまいますので、力を入れずにソフトタッチで優しく洗うことを心がけましょう。

冷たい水を使用するとメイクの油分や皮脂汚れが落ちにくくなりますし、熱いお湯を使用すると
肌に必要な皮脂まで洗い落としてしまうことになりますので、洗顔はぬるま湯を使用するのが
ベストです。

泡が肌に残った状態だと、ニキビや吹き出物などの肌トラブルの原因になりますので、
すすぎはしっかりと行う必要があります。

ぬるま湯によるすすぎ時間の目安は、顔を洗っていた時間の2倍程度です。

 

洗顔料は自分に合ったタイプのものを選びましょう

効果的で効率的で質の高い洗顔を実現させるためには、洗顔方法だけではなく洗顔料選びも
こだわるべきです。

様々なメーカーやコスメブランドからありとあらゆる種類のものが市販されていますので、
それぞれをじっくりと比較して自分の肌やライフスタイルにぴったり合ったタイプのものを
選びましょう。

選ぶ際に見極めるポイントについてですが、固形やリキッドやパウダーやクリームや泡などの
形状、乾燥肌や敏感肌や脂性肌や混合肌やニキビ肌や年齢肌などの肌質、保湿ケアや美白ケア
やエイジングケアやニキビケアや毛穴ケアや角質ケア敏感肌ケアなどの目的、泡立ち具合や
泡切れ具合や香りの良さなどの使い心地、配合されている成分や成分の含有量や期待できる
効果効能などがあります。

自分に合ったもの

手軽さや泡立ちの良さを重視するなら、泡やリキッドの形状でポンプ式のものがおすすめです。

泡が直接出てくる形状のものは、泡立てる必要が無いので洗顔の時短につながり物理的な
負担が軽減されます。

敏感肌の人は、石油系界面活性剤や防腐剤や香料や着色料や鉱物油やパラベンやエタノール
などの添加物が一切使われていない、弱酸性で無添加で肌に優しいものを選ぶべきです。

パウダー状のものは水分が含まれていないので、添加物が不要で低刺激なものが多いです。

脂性肌でニキビができやすい場合は、殺菌作用があり皮脂汚れをしっかりと落とすことが
できる薬用のものが適しています。

乾燥肌や年齢肌で洗顔後のツッパリ感が気になる場合は、コラーゲンやセラミドやヒアルロン酸などの
保湿成分がたっぷりと含まれているものを選びましょう。

洗った後も肌が潤いに満たされているので、タオルドライ後に慌てて化粧水を馴染ませなくても
ツッパリ感が出ません。

シミやくすみや透明感の無さに悩まされているなら、漂白作用があるハイドロキノンや強力
抗酸化作用を持つビタミンC誘導体など、美白成分が配合されているものを選ぶのがおすすめです。

固形状のものやパウダー状のものは泡立てにくいという特徴がありますが、専用の泡立てネットや
スポンジを使用すると簡単に弾力のある濃密な泡を作ることができます。

摩擦や圧迫などの刺激に弱い敏感肌の人は、洗顔ですら肌ダメージになることがあります。

ダメージを最小限に抑えて肌に負担をかけないようにしたい場合は、ダブル洗顔が不要な
バーム状のクレンジングが最適です。

肌に優しいのに洗浄力が高いので、ウォータープルーフタイプのマスカラやアイライナーなども
しっかりと落とせます。