肌に良い成分:ローズマリーエキス

IPSコスメティックスを知る顔料はスキンケアの基本ととしてとても重要で、肌に合った洗顔料と
洗顔の仕方などで肌にダメージを与えてしまったり、合っていない洗顔料では
乾燥肌になってしまったりと、自分に合った洗顔料を選ぶのも大切です。

 

IPSコスメティックスのIPSコンディショニングバーの化粧石鹸は
無垢な輝きあふれる清らかな透明肌に洗いあがり、IPSコンディショニングバーを
泡立てると、ホイップクリームのようにきめ細やかで弾力のある泡が
メイク汚れや酸化した皮脂、古くなった角質などを泡で包み込み
すっきりと落としてくれるので、IPSコスメティックスの洗顔ソープは
美肌へと導きます。※https://anshincosme.info


洗顔は手でゴシゴシ洗いはNG!肌に優しいきめ細かい泡の立て方


洗顔をする際にどうしても汚れをしっかり落とそうとして、きちんと洗顔料を泡立てずに
ゴシゴシと擦りながら肌を洗う癖が付いてしまっている方は多いです。

一見ゴシゴシ擦りながら洗顔をすると、肌の汚れがきちんと落ちるイメージがありますが、
肌の汚れと一緒に肌のバリア機能を担っている角質までも過剰に除去してしまうため
洗い上がりのツッパリ感が高くなり、肌が過剰に乾燥してしまう危険があります。

体の中でも顔は皮膚が薄く、かなりデリケートな部分とされています。
そのため洗顔をする際にはこすらずに、濃密な泡を作ってから
泡で顔を包み込むようにして洗顔をすることがポイントになります。

濃密な泡を作る方法として、市販されている泡立てネットを活用すると、石鹸や洗顔料
どちらでもしっかりクリーミィな状態に仕上げることが出来るので、泡で顔全体を覆うようにして
パックをするだけでも、毛穴の中の汚れを洗浄成分がキャッチして、綺麗に除去してくれます。

 

やさしい石鹸でやさしく洗顔

 

IPSコスメティックスのIPSコンディショニングバーの成分は、カミツレエキスやローズマリーエキスや
コメヌカ発酵液やスクワランなどの保湿成分を配合し、肌に必要なうるおいを守りながらやさしく洗いあげます。

洗顔石鹸でフェイスケア


洗顔後の肌は、もっちりと吸い付くような弾力と透明感あふれる肌へと導き美肌や美白や
エイジングケアにも効果的な洗顔石鹸で、IPSコンディショニングバーの泡で洗う事で
マッサージ効果も高いので、洗顔を行いながらエイジングケアも出来て
お化粧ののりも良く肌にハリとツヤも与える事ができます。

 

美肌への基本中の基本ステップ洗顔を一度見直してみませんか?
侮るなかれ。これが実はすごく大きな変化をもたらすこともあるのです。役立つアイテム

米ヌカとスクワランの美容効果に迫る!植物性のパワーは偉大

米ぬかやスクワランなど基本化粧品において、植物由来の成分が入っている
化粧品を利用する人が近年増加傾向にあります。

その理由に、アンチエイジング効果肌のハリとツヤといった皮膚の改善が
挙げられていますが、実際のところ米ぬかやスクワランなどの美容成分効果は
皮膚のアンチエイジングだけでなく、髪の毛や爪など体全身の美容に効果的です。

その中でもネイルケアや髪の質改善のシャンプー・トリートメントなどには
鉱物性由来のもの、動物性由来のもの、植物性由来のものによる商品の3つが存在しています。

その中でも鉱物由来のものと植物由来のものが商品の中では多いです。

そこでこの2つの成分を比較し、なぜ植物由来の成分の方が皮膚に用いる基礎化粧品同様に
髪の毛や爪などにも効果があるのか考えていきたいと思います。

まず、植物由来の美容製品は主に乾燥から皮膚や髪を防いでくれる働きをになっており、
アトピー性皮膚炎や湿疹を改善するだけでなく、爪であればささくれや二枚爪、
髪の毛であれば、キューティクルの再生や枝毛、癖っ毛や剛毛など女性だけでなく
男性も悩んでいる問題の改善につながります。

次に、鉱物由来の成分と植物由来の成分を比較してみると、なぜ植物由来の成分の方が
鉱物由来の成分と比較して基礎化粧品やオイルなど用途を問わず美容効果に良いのかがわかります。

そもそも、全体的に植物由来の成分由来のものは鉱物由来の成分と比較して多い傾向にあり、
取り入れる選択肢が植物性由来の方が多いです。

またどちらも水溶性由来のものが多いため、直接目には見えない状態ではありますが、
ミクロやナノの単位で考えると植物由来の方が圧倒的に小さいため、
1リットルあたりに含まれる成分は植物由来の方が多いです。

そのため、同じ量を塗布したとしても、そこに含まれている成分は植物由来の商品の方が多いため、
コストパフォーマンスなどの面ではとても良いとされています。

そして、これはしばしば議論になる問題の1つですが、鉱物由来の成分は安全性に問題のある成分も多く含まれています。

その一方で、植物由来の成分は無毒化されており、安全なものがほとんどなため、安心して利用することが可能です。
そして、美容分野でしばしば注目されているのが、吸収率と言われています。

吸収率は鉱物由来が5割程度しか吸収しないのに対して、植物由来が8ー9割程度吸収するため、
吸収効率が良いことでも知られています。

米ヌカの栄養素が美容に効く理由


米ぬかには、アミノ酸やビタミンB群そしてビタミンEなどの水溶性の成分が9割以上を占めているため、
たくさん摂取しても体内に蓄積されることがほとんどなく、その上美肌に欠かせない栄養が
たくさん含まれているため、近年美容業界では注目されている化粧品原料です。

さらに、保湿効果の高いセラミドを含んでおり、肌表面にある角質層がうるおいを蓄え、
乾燥と外部刺激から肌を守り、その効果を持続し続けてくれます。

また、γオリザノールという成分は美白効果が高く、抗酸化力にも優れているため、
ニキビ防止や女性の多くが悩まれている肌のくすみやしみを解決してくれるほか、
ストレス解消・アトピーの緩和など男女を問わず起こる肌トラブルにも役立つと研究されており、
医療薬品や男女問わないコスメに応用されています。

そして米ぬかは、玄米から白米へ精米する時に発生する、けずられて出てきた外皮の部分で、
お米のなかで一番栄養があるところですが、ほとんどの場合米ぬかを使うことなく
廃棄処理されてしまう場所です。

これをそのまま廃棄処理してしまってはもったいないのではないかと言われるようになり、
米ぬかなどで漬物を漬ける事が増えましたが、この方法では漬け終わった米ぬかは
最終的には廃棄処分になってしまいます。

そこで、玄米は栄養価が高く、米ぬかの廃棄のことも考えて、玄米を食べてみてはどうかという
議論になりましたが、なかなか流通が進みませんでした。

このような経緯から生まれたのが米ぬかの美容です。玄米の栄養部分そのものが
米ぬかであることから原材料の費用は安く、コストも削減できるため、コストパフォーマンスが良く、
他の美容医薬品と比べて安価に提供が可能です。

また、玄米を食べることに抵抗感を感じる事が多い人が多いのに対し、独特の匂いや
テクスチャーを美容品にする工程でなるべく除去しているため、抵抗感少なく使うことが可能です。

また美容品は女性のものが多く、男性用の商品は少ない傾向にありますが、
アトピーやストレス解消の問題は男女問わずに起こる問題です。

そんな中で米ぬかのような、男女問わず使いやすい植物由来のものは夫婦使いや
親子使いができるため、お財布にも良い美容方法となっています。

さらに近年では、玄米としては浸透しませんでしたが、米ぬかをそのまま食べるという美容も注目されるようになりました。

米屋などで、大量に捨てられているため、とても安く手に入れることが可能です。
そして、その米ぬかをヨーグルトやお茶などに入れて食べたり飲んだりすることで
なるべく凝縮した栄養素を取り入れることが可能です。